オリジナルTシャツで用意するもの

オリジナルTシャツは、テンプレートから選び、簡単にデザインして作ることもできますが、プリントしたいデザインのデータを用意して作ることもできます。 自分で用意すれば、その分オリジナリティーも高くなりますし、お薦めです。

デザインのデータについては、等倍で300dpi程度だと綺麗に仕上がります。 例えば、A4の実寸サイズ297×210mmのデータの場合、画素数は3508×2480ピクセルで、25MB程度になります。

デザインに文字が入っている場合は、文字化けを避けるため、アウトライン化しましょう。 また、半透明化されたデザインは、プリントした時に白っぽく印刷されてしまうので、注意しましょう。

可愛いペットをプリントしたオリジナルTシャツ

近年、フェレットやハリネズミなどの珍しい動物を飼う方も多くなりました。犬や猫をモチーフにしたグッズは巷に溢れていますが、そうした珍しい動物のグッズはなかなか見つからないものです。

可愛いペットを自慢したい、好きな動物のグッズが無いので作りたいという方におすすめなのが、オリジナルTシャツ製作です。写真のプリントも可能ですから、とっておきの一枚をプリントして、いつでもペットを身近に感じることができます。最近では、SNSに投稿して話題になったペットの飼い主が写真展などを開いたり、オリジナルグッズを販売したいというときにも、オリジナルTシャツが役立ちます。

オリジナルTシャツを制作するメリット

オリジナルTシャツを作成すると、いろいろな方へのアピールになります。例えば、音楽フェスなどのTシャツは、違う場所等で着用していると、宣伝になることがあります。また、オリジナルであることから、新しい出会いを見つけることも出来ます。

共通の趣味があるということを目で見てすぐに知ることができ、また、そのTシャツを見て新しく興味が出る人がいる可能性もあります。オリジナルTシャツにはおしゃれなものも多いです。特定の場所で着るだけでなく、様々な場所で着用することで、宣伝、出会い以外にも、経済効果も生まれ、メリットとなることも多くあります。

オリジナルTシャツを制作する

スマホで専用アプリをダウンロードすると絵心など無くてもオリジナルTシャツを作る事はできます。フォントやテンプレートが豊富に用意されていて、その組み合わせだけで膨大な数のデザインが出来るようになっています。

シャツに印刷してくれるサービスも手ごろな価格の物が多く、学生でも注文しやすいです。シャツだけでなく、靴下やパーカー、キャップ、エプロン、キーホルダー、リストバンド、大きなバックにまで印刷してくれるサービスもあります。他の人と一味違う物が良い、同じような物ばかりで飽きていると感じている方にお勧めのサービスです。

オリジナルTシャツの印刷方式

オリジナルTシャツの印刷の方法にはいくつかの方法があります。インクジェットプリントでする方法は、フルカラーで写真などのグラデーションを再現することに向いています。色数が増えても価格が変わらないのがメリットです。

シルクスクリーン印刷は、木枠と絹で版を制作し、印刷物にインクをこすり落として印刷する方法です。色数はあまり多く増やせませんが色褪せしにくいのが特徴です。プリント枚数が増えれば増えるほど安くなり場合が多いです。それぞれメリットデメリットがあるので、自分が考えるデザインを鑑みて印刷方法を考えることが重要です。

関連

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 グッズ作りとしても最適なTシャツ作成 オリジナルTシャツ オリジナルTシャツを利用した学園祭

PAGETOP