オリジナルTシャツに合わせて作るグッズ

オリジナルTシャツを製作したら、それに合わせてお揃いのグッズを注文することもできます。例えば、スポーツチームのユニフォームとしてオリジナルTシャツを製作した場合は、色違いのリストバンドも一緒に作っておけば、お揃いのコーディネートが可能になります。

他にもオリジナルTシャツのミニサイズを作って、人形やぬいぐるみに着せれば、かわいいチームマスコットがすぐに完成します。チームのユニフォームやダンスの衣装をオリジナルクッションにするアイデアもあります。自宅に飾っておけるグッズとして、人気があるアイテムです。

オリジナルTシャツの印刷方法の把握

オリジナルTシャツを作る場合、気になるのが印刷方法です。一般的に多いのがインクジェット方式です。フルカラーが特徴ですが、色あせしやすいです。シルクスクリーンは版を制作しなければならないので、色数を増やすと高額になりやすいです。

カッティング圧着はシルクスクリーンを進化させたような方法です。版を作る必要が無いし色数を増やしても価格が変わりません。しかし、カッティング圧着方式を頼める会社が少ないと言う問題があります。デザインの完成形をイメージして、それぞれの印刷方法の特徴を把握し決めることが大事です。

家族の思い出作りに最適なオリジナルTシャツ

デジカメやスマホなどで家族写真はたくさん撮っているけれど、家族の思い出を形に残しておきたいという方は、オリジナルTシャツを作ってみましょう。そのままTシャツに写真をプリントできますし、イラストや家族の手形をプリントしてみるのもおすすめの方法です。

ペットの肉球跡をプリントするなんてデザインも面白いでしょう。キッズサイズにも対応していますから、家族でお揃いのTシャツを着ることができます。データを添付してサイズなどを選択すれば、早くて数日、遅くとも数週間程度で手元に届きます。部屋着や寝間着として、運動会などのイベントに合わせて、キャンプや釣りなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

オリジナルTシャツの活用方法

昔は大量発注が当たり前だったオリジナルTシャツですが、最近では1枚からオーダーを受け付けている会社も多いです。手軽に作れるオリジナルTシャツは自分たちで着るだけでなく、グッズとして販売することもできます。

販売する場合製作代金にいくらか上乗せすることになりますが、手に取りやすい値段にするために数百円から千円程度の加算が望ましいでしょう。アーティストグッズとして付加価値を付けたり、店やイベントの収益を得たりするほか、チャリティー活動の一環として、売上の一部を募金にあてるという使い方をしているところもあるようです。

オリジナルTシャツの作成枚数

オリジナルTシャツを作成する際には、個人的に作ることもあるかもしれませんが、サークルや会社などのグループで作ることの方が多いといわれています。そういったときには、大体10枚から30枚程度が必要なのではないでしょうか。

場合によっては、100枚近く作成するケースもあるようです。枚数が多ければ多いほど、費用がかかると不安に感じる方もいるかもしれませんが、多くの専門の業者では、100枚以上の大口の注文の場合は、料金面でのサービスをする傾向が強くなっています。そのため、しっかりと枚数を踏まえた上で、安く頼めそうな業者を選びましょう。

関連

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 グッズ作りとしても最適なTシャツ作成 オリジナルTシャツ オリジナルTシャツを利用した学園祭

PAGETOP