オリジナルTシャツを利用した学園祭

きっとオリジナルTシャツがある学園祭とオリジナルTシャツのない学園祭について考えてみると、やはりあった方が、多いに盛り上がるという事が考えられます。

やはり学園祭というのは1年に一度しかない貴重なチャンスですので、オリジナルTシャツを作ってみんなで最高の思い出を残しましょう。

オリジナルTシャツというのは卒業アルバムの様に、いつまでも保管しておく事ができます。

毎年オリジナルTシャツを作ると、その当時の事が思い出される事でしょう。他にも体育祭などのイベントにも活用する事ができるのではないかと思います。学校の行事をぜひ大成功に終わらせたいという場合には、この様なアイテムを取り入れるのも便利です。

フルカラー転写プリントでオリジナルTシャツを作る

フルカラー転写という技術を用いたオリジナルTシャツのプリント方法があります。このプリント方法は、業務用ラバーに用いるような特殊インクを付けたものをカットし、専用のプレス機で熱と圧力を加えて貼り付ける方法です。

ポリエステルやナイロンなどの撥水性の高い素材は、インクジェットプリントは弾いてしまって印刷できない素材にもフルカラープリントできるのが最大の特徴です。版代が掛からないのはインクジェットプリント方式と同じですが、作業が複雑なので価格が高くなったり、枚数を多く注文しなければ受け付けてもらえないことが多いです。

刺繍でオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作る時多いのはインクジェットプリント印刷方式やシルクトーン印刷方式、カッティング圧着方式などが一般的だと思いますが、刺繍と言う方法もあります。印刷よりもはるかに高級感があります。

以前は人の手で全て行っていたので、高級な方法として知られていましたが、最近は機械を使って全自動で刺繍するので以前と比べて価格が手ごろになってきています。印刷と比べればまだまだ効果ですが、十分検討する余地がある価格帯になってきています。他の人と一味違うものが欲しい方や、高級感を求める方にお勧めの方法だと思います。

刺繍でオリジナルTシャツを楽しむ

刺繍でオリジナルTシャツを作ろうと思うと、まず気になるのが価格です。以前は職人さんが一つ一つ手で刺繍していたので大変高価な物でしたが、最近は完全に機械化が進んでいて価格がかなり下がっていて、多くの人が手の出しやすい価格になってきました。

もう一つ気になるのが耐久性です。Tシャツなどに刺繍すると生地の伸縮性に負けたり、洗濯するとボロボロになるイメージがありますが、最近は刺繍糸の伸縮性や耐久性が高くなり、すぐにボロボロになる事はなくなりました。安心して注文して良いと思います。刺繍にしか味わえない高級感を楽しんでください。

シルクプリントでオリジナルTシャツを作る

オリジナルTシャツ を作る場合、色々な印刷方法があります。今回はその中でもシルクプリント印刷を紹介します。デザインに合った製版と木枠を作らなければならないので、インクジェットプリント方式よりも枚数を印刷しないと割高になります。

会社に寄りますが、カラーは最大で十色程度の所が多いです。カラーは好きなように作ることが出来ますし、蛍光カラーや文字が盛り上がったような特殊な加工も施せます。そして、インクジェットプリント方式より色あせしにくく洗濯などに対して耐久性が高いのが最大の特徴です。昔ながらの手法で根強い人気があります。

関連

更新日-2014年6月20日

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 グッズ作りとしても最適なTシャツ作成 オリジナルTシャツ オリジナルTシャツを利用した学園祭

PAGETOP