TOP > Tシャツ > オリジナルTシャツ > Tシャツ作成 > ユニフォームとしても活用できるTシャツ作成

ユニフォームとしても活用できるTシャツ作成

Tシャツ作成では、オリジナリティ溢れるデザインを採用したTシャツがスムーズに手に入るため、既製品とは違った魅力を感じられます。 また、同じデザインのTシャツを大量に作成することも可能なので、文化祭や運動会など、様々なイベント時にユニフォームとして活用できるというメリットもあります。

ユニフォームとして活用することを目的にTシャツ作成を行う場合、Tシャツの素材やプリントタイプなど、様々な点にこだわりながら注文が可能な業者を選ぶことがポイントです。 また、インターネットを通した注文に対応している業者も多いため、全国から気軽に注文できます。

Tシャツ作成の概要とデザインの重要性

Tシャツ作成に当たっての方法は次の2種類があります。1つは自分で手作りする方法、もう1つは専門店に作成を依頼するという方法です。専門店に依頼する場合は、Tシャツの色や形、デザインを注文するだけなので、自分で作るよりも手軽に行うことができます。

その際に特に重要となるのは、Tシャツのデザインです。自分の好みのデザインを選ぶということ意外にも、どのようなシチュエーションでそのTシャツを着るのか、一人あるいは複数で着用するのかなどTPOに合ったデザインを選ぶことが重要になります。自分で作るあるいは専門店に依頼するどちらの場合でも自分で1から作ったものは良い思い出になるでしょう。

自分でできるTシャツ作成の仕方

Tシャツ作成といえば、有料で専門の業者に発注をかけるものとお思いの方もいるかと思いますが、実は個人でもいくつかの道具を揃えれば簡単に作ることができます。必要な道具は、お好みのデザイン、アイロンプリントシート、アイロンとなります。

デザインは自作の写真かイラスト、あるいはフリー素材などを用意します。おおまかな流れとしては、デザインを用意し、アイロンプリントシートに印刷し切り抜き、Tシャツにアイロンで圧着となります。あらかじめTシャツのシワをアイロンできちんと伸ばしておくことが綺麗にプリントを圧着するコツです。

Tシャツ作成で仲間意識もやる気もアップ

所属するスポーツのチームや趣味のサークル、学校のクラスメイトなど、身近な仲間で一致団結したい時は、おそろいのTシャツ作成することをおすすめします。おそろいのTシャツを着ているだけで仲間同士がまとまり、やる気も上がります。

他の団体からも目を惹き、強そうとか、チームワークが良さそうといった一目置かれる存在になること間違いなしです。Tシャツ作成は意外と手軽にでき、店舗での注文の他にもネットで商品のイメージを確認しながら注文するのが増えています。Tシャツの色、サイズ、デザインを決め、さらにTシャツに入れたい文字やイラストを選んでオリジナリティを出せば、記念にも残る自分達だけの特別な品になります。

関連

更新日-2013年1月15日

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 グッズ作りとしても最適なTシャツ作成 オリジナルTシャツ オリジナルTシャツを利用した学園祭

PAGETOP