TOP > Tシャツ > どうすればきれいにTシャツを保管する事ができるか

どうすればきれいにTシャツを保管する事ができるか

すぐに着る予定がある場合であれば、それほど気にしなくてもいいと思いますが、衣替えなどで次のシーズンまでは着ないTシャツは、どうすればきれいに保管する事ができるでしょうか。

たたんで引き出しなどの中にしまっているという人が多いみたいですね。

きれいにTシャツをたたむと、たくさん収納してもそれほどかさばる事はないでしょう。たたみ方は特に決まっていませんが、広げた時にきれいになる様に心がけるといいでしょう。

たたむと小さくなりますので、コンパクトな状態で保管しておく事ができます。

たくさん持っていて保管方法に困っているという人はぜひ試してみてほしいと思います。他にもいい保管方法があれば試してみるといいでしょう。

Tシャツ作成について

Tシャツ作成というのは既存するデザインで販売されているものではなく、オリジナルでTシャツをデザインし作ることです。店舗に直接持ち込み作成する場合とネットで注文する場合があるようです。

ネットでは複数注文する場合枚数に応じて割引されることが多いようです。主に作成される機会は学生の文化祭、部活や企業、イベントなどが多いようです。オリジナルでデザインでき素材やサイズなども選べるため老若男女問わず利用できます。写真もプリントできるためプレゼントや好きなアイドルなどのデザインも可能です。個人で作成されるものは販売されているTシャツにアイロンプリントなどを利用し作成する場合が多いようです。

アイロンシートを用いたTシャツ作成のメリット・デメリット

Tシャツ作成を自分でする場合、アイロンプリントシートなどを用いて作るのですが、それにはメリットとデメリットがあります。メリットは、まず材料費のみで作成ができることです。

専門業者に依頼する場合は、作成費だけではなく送料などがかかります。また、有料サイトを利用するとデザインの印刷箇所が限られますが、自分で作成するのであればデザインの幅はいくらでも広げることが可能です。デメリットはアイロンプリントシートの圧着が失敗する場合がある、シャツの生地によってはプリントが上手くできない、市販や専門業者に依頼したものと比べればどうしても品質が劣ることなどです。

お気に入りの写真を用いた自作Tシャツ作成方法

Tシャツ作成というのは、有料サービスがたくさんあるのですが、自分でも道具をそろえれば意外と簡単にできます。用意すべき道具はおおまかにはアイロン、プリントシート、写真になります。

プリントシートにはアイロンプリントシートや、シルクスクリーンプリントシート、熱転写プリントシートなどの種類ありますが、一番簡単なのはアイロンプリントシートです。アイロンプリントシートで綺麗に仕上げるには多少のコツが必要ですが、コツさえつかめばお気に入りの写真をTシャツにプリントし、世界に1つだけのオリジナルTシャツを安価に作ることが可能です。

関連

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 グッズ作りとしても最適なTシャツ作成 オリジナルTシャツ オリジナルTシャツを利用した学園祭

PAGETOP