TOP > Tシャツ > 着なくなったTシャツは捨てないで活用しよう

着なくなったTシャツは捨てないで活用しよう

もう要らなくなったからとTシャツをすぐに捨ててしまうのはもったいないですね。要らなくなってしまっても、いろんな活用方法があります。まずはリメイクしてTシャツとは違うアイテムにする事もできます。

また、フリーマーケットで売ったり、ネットで売ったりする事もできます。再利用する事で資源を大切にする事ができ、節約する事もできます。

長い間ずっと着る事によって着られなくなってしまうという事もありますが、服をよく購入する人は流行が去ってしまったり、別の物を買ったという理由で次第に着なくなってしまった物も多いのではないでしょうか。

まだ着る事ができる物は捨てないで、ぜひ活用しましょう。

Tシャツ作成するならプリント方法にも注目しよう

今や個人でも気軽にオーダーできるTシャツ作成ですが、長く愛用したいというならプリント方法にも着目しましょう。色んなプリント方法がありますが、版を作るか否かといった部分は価格や仕上がりに大きく影響するポイントです。

版を使用するプリント方法のメリットは、たくさん刷るほど1枚あたりの単価が下がるので、大量生産に向いているというところです。また、使用できるインクも幅広く、耐久性の高いインクや発色の良いインクなど、用途に適した印刷が可能です。一方、版を作らない場合は少数でもコストを抑えられることがメリットです。細かい部分も綺麗に再現できるので、写真やグラデーションのプリントに向いています。

オリジナルのTシャツ作成について

イベントやサークルではオリジナルグッズを作ることがよくあります。これには記念・思い出作りや参加者の連帯感を高めるといった意味合いと、グッズ販売の利益を運営費用にあてるといった目的とがあるでしょう。

そうしたグッズ作成のなかでもポピュラーなものの一つがTシャツ作成です。既成のTシャツを選んでロゴなどを印刷するものです。今ではインターネットで注文を受け付ける業者も多数あり、あるいは自作する場合もあるでしょう。費用が安く、それでいて色違いなどバリエーションをつくることもできる手軽さがあり、グッズの定番と言えます。

Tシャツ作成方法の1つシルクスクリーンプリントについて

Tシャツ作成にはいくつかの方法があるのですが、その中の1つとしてシルクスクリーンプリントという方法があります。シルクスクリーンプリントというのは、孔版画の技法のことで、メッシュ生地にインクを乗せることによって穴からインクが通過しプリントされるというものです。

材料はメッシュ生地、フレームやコルクボード、カッティングシート、カッター、スクイージー、布用のインクなどです。100円均一でもある程度の材料調達が可能です。インクについては、例えばモノクロのデザインであればブラックの1色だけで作ることができます。

関連

メニュー

TOP Tシャツ Tシャツ作成 グッズ作りとしても最適なTシャツ作成 オリジナルTシャツ オリジナルTシャツを利用した学園祭

PAGETOP